ANA SKY コインの使い方解説。特典航空券よりお得な場合も!

投稿日:2019年5月1日 更新日:

ANAの国内線・国際線の航空券や、ツアー購入に利用できるANA SKY コイン。上手く使えば、特典航空券よりお得な場合もあります。今回はその入手方法や、使い方、有効期限などの注意点についてまとめました。

ANA SKY コインとは

ANAマイレージクラブ(AMC)会員が、ANAホームページでの航空券・ツアー購入代金の支払に利用できるポイントです。支払に用いるのは全額でも、一部でも構いません。

1コイン(ポイント)あたりの価値は1円。航空券などの支払に現金の代わりに使用するので、マイルやプレミアムポイントが加算されるのが、特典航空券との大きな違いです。

入手・交換方法

ANA SKY コインの入手方法は大きく分けて2つです。マイルからの交換と、提携パートナーポイントからの交換です。この他にも、各種ポイントサイトのように、提携ショップのサービス利用で数千コイン付与されるというものもあります。

マイルからの交換も2通りあります。1マイルから9,999マイルまでの交換は、AMCの全会員が利用でき、1マイルあたり1コインです。

やや複雑なのが10,000マイル以上の交換で、交換マイル数と会員ステータスによって交換レートが異なってきます。

AMC会員のANA SKY コイン交換レート

9,999マイルまでは1マイルあたり1コインの等価交換でしたが、10,000マイル以上の場合は1.2倍となります。交換単位は10,000マイル毎です。

できる限り、10,000マイル単位で交換した方がお得、ということですね。

ANAカード会員(一般・ワイド)・モバイルプラス会員

AMC会員であれば、ANAカードを持っている人も多いですね。またモバイルプラス会員も、交換レートが優遇されます。

この場合は、10,000マイルを1.2倍の12,000コイン、20,000マイルを1.3倍の26,000コイン、30,000マイルを1.4倍の42,000コイン、40,000マイルを1.5倍の60,000コインで交換できます。50,000マイル以上は1.5倍で固定です。

20,000マイル以上を交換する場合、ANAカードを持っていないのであれば、モバイルプラス会員になっておくことをお勧めします。交換レートのアップで、獲得コインが24,000コインから26,000コインへと、2,000コイン分も増える計算になります。

モバイルプラス会員は、月額300円でANA SKY コインの交換レート優遇だけでなく、Edy利用時の獲得マイル3倍、航空券の先行予約などのサービスがあります。積極的にANAマイルを増やし活用していくなら、加入を検討するべきでしょう。

ANAカード会員(ゴールド・プレミアム)・SFC会員

ゴールドやプレミアムのANAカード会員、そしてSFC会員は、さらに交換レートが優遇されます。40,000マイルまでは一般のANAカード会員と同じですが、50,000マイル以上は交換レートが1.6倍とアップします。

家族分の国内線航空券をまとめて購入したり、国際線の航空券を購入したりする場合に役立ちますね。

ANAブロンズ・プラチナ・ダイヤモンド会員

こちらはSFC以外の上級会員すべてになります。SFC会員でも、昨年の実績でこれらのステータスを保有しているのであれば、こちらのレートが適用になります。

交換レートはさらに優遇され0.1倍追加されます。10,000マイルを1.3倍の13,000コイン、20,000マイルを1.4倍の28,000コイン、30,000マイルを1.5倍の45,000コイン、40,000マイルを1.6倍の64,000コイン、50,000マイル以上は1.7倍となります。

国内線の特典航空券は1マイルあたり1.5円から2円程度の価値がありますが、1.7倍の交換レートで航空券を購入できるのであれば、フライトで得られるマイルやプレミアムポイントを考慮すると特典航空券より効率が良いケースが出てきますね。

ANAマイルからの交換手順

まずはANAマイレージクラブのページへ移動します。次に左下のANA SKY コインのタブを選択、そこからマイルからの交換へと進みます。

そうすると必要マイル数、交換レートなどの詳細説明のページへ進みます。そのままページの下部へ進みますと、会員専用機能で申し込むという項目が出てきますので、そこから交換へと進んでください。

この後、もうひとつページを進めて、ようやく交換ページへとたどり着きます。ここでマイル数を選択して交換を実行できます。交換ページまで、ややページ数が多いですが、ページ内の案内に沿っていけば大丈夫でしょう。

交換は即座に行われますので、すぐ航空券などの購入に用いることができます。

各種ポイントからの交換

ANAマイルからだけではなく、各種ポイントから交換することもできます。永久不滅ポイント、Oki Dokiポイント、nanacoポイント、Gポイント、PeX、ネットマイルなど、対応しているポイントサービスは多いです。ANA SKY コインを利用する時に、もう少し補充したいような場合には有効かと思います。

交換可能なポイントなど、詳細についてはこちらをご覧ください。

アップグレードポイントからの交換

上級会員には、前年の獲得プレミアムポイント数に応じて、アップグレードポイントが提供されます。ところが、利用できるタイミングが無かったり、一部のポイントが使い切れずに残ってしまうことがあります。

例年、キャンペーンという形式で交換が実施されており、1ポイントあたり1,000コインに交換できます。もう少しANA SKY コインを補充したい場合や、3月になってもポイントが残っている場合には、このキャンペーンで交換しておきましょう。

有効期限

ANA SKY コインの有効期限は交換を行った1年後の月末です。2019年5月1日に交換した場合は、2020年5月31日が期限となります。

この有効期限は交換したコイン毎に管理されています。e JALポイントのように、交換する度に有効期限が延びることはありません。マイルと同様に古いコインから失効していくので、有効期限には注意して使用しましょう。

利用時の注意

ANA SKY コインを利用できるのは、交換した本人、配偶者、二親等以内の親族です。

交換したANA SKY コインは、たとえ未使用であってもマイルへ戻すことはできません。一度交換したら、そのまま使用するしかないということですね。

なお、ANA SKY コインで購入した航空券をキャンセルした場合は、手数料等を差し引いて使用した分のANA SKY コインが払い戻されます。

ANA SKY コインのお得な使い方

貯めたマイルの使い道としては、やはり特典航空券が最初に思い浮かぶでしょう。国内線であれば1マイルあたり1.5円から2円程度、国際線であれば区間や運賃にもよりますが、ビジネスクラスなら1マイルあたり5円、ファーストクラスならそれ以上の価値を持つこともあります。

これに対して、ANA SKY コインは最も交換率が良い方法でも1マイルあたり1.7円の価値となります。ここだけを見れば、特典航空券の方が良いように思えます。

しかし、ANA SKY コインに 交換して航空券を購入することで、特典航空券では得られないメリットを受けられる場合があるのです。そのようなケースをぞれぞれ見ていきましょう。

特典航空券の空きが無い場合

まず考えられるのが、このようなケースです。特典航空券は交換できる席数に限りがあるため、便自体は空席があっても特典航空券に交換できないというケースは多々あります。

特典航空券に空きはないがANA SUPER VALUEなどの格安運賃でなら購入できる、というような場合には、 ANA SKY コインに交換して航空券を購入するというのは有効な手段となります。

欠航・遅延補償を付けたい場合

台風や大雪のシーズンなど、搭乗便の欠航や遅延が気になることがありますね。このようなケースでも、特典航空券ではなく、あえてANA SKY コインで航空券を購入した方が良い場合があります。

マイラーであれば、旅行保険、航空機遅延保険が付帯しているクレジットカードを持っていることは多いと思いますが、カードによっては自動付帯ではなく利用付帯となっていることがあります。これは特に国内線での欠航・遅延の場合に多く見られます。

悪天候で帰りの便が欠航し、ホテルに宿泊して天候の回復を待つことになった場合、航空会社は宿泊費や食費などの滞在費までは負担してくれません。

こういった場合に役立つのがクレジットカード付帯の旅行保険です。これが自動付帯なら安心ですが、利用付帯かつ特典航空券の旅行では保険が適用されません。

ここで有効なのが、ANA SKY コインで航空券を購入する方法です。もちろん、航空券代金の全額をANA SKY コインで支払ってしまってはいけません。ANA SKY コインの使用コイン数は自分で決められますので、一部の金額を旅行保険が付帯するクレジットカードで支払うのです。こうすることで、航空券代金の大半をマイルで負担し、なおかつ旅行保険を適用させることが可能になります。

国内旅行で航空機遅延保険が自動付帯されるクレジットカードは、こちらの記事でまとめています。JCBブランドのゴールドカード以上や、一部のプラチナカードなど、かなり限られたカードしか自動付帯にはならないため、この方法はかなり有用でしょう。

SFC修行など、プレミアムポイントが必要な場合

各種上級会員などのステータスを得るためには、有償での搭乗が必要です。修行を進めていると、その過程で多くのマイルが貯まっていきますが、そのマイルを残りの修行費用に充てることが、ANA SKY コインを利用することで可能になります。

前述のように交換レートがステータスによって異なってきますので、可能であれば交換はブロンズステータスに到達してから、それまで待てないのであればANAカードを作成したり、モバイルプラス会員に加入して交換レートを上げ、その時点で適用可能な最大レートが適用できるよう数万マイルを一度に交換することをお勧めします。

まとめ

今回はANA SKY コイン、そしてその有効な使い方をまとめました。

私も以前、安易に特典航空券の利用を選択した為に、旅行保険が利用できなかったことがありました。状況に応じて、特典航空券とANA SKY コイン、上手に使い分けていきたいですね。

以上、「ANA SKY コインの使い方解説。特典航空券よりお得な場合も!」でした。

Google AdSense PC




Google AdSense PC




-Mileage
-,

Copyright© Air Travel Journal , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.