台風21号の当日、関西空港のフライトとアクセスの状況は?

投稿日:2018年9月8日 更新日:

台風21号で被害を受けた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

その被害の中でも、関西空港の状況はとても衝撃的なものでした。結果的に、約八千人もの人々が空港に取り残され、一夜を過ごすことになりました。

空の旅に欠かせない空港だけに、今後私たちが同様のトラブルに巻き込まれないとも限りません。台風21号が関西空港を襲った9月4日のフライトやアクセスの状況を調査してみました。

当日の関西空港の発着状況。到着は10時台、出発は11時台が最終便

当日は午前中から多くの便が欠航となっていましたが、そのような状況の中、出発したり到着した便もありました。

滑走路が閉鎖される直前の状況は、確認できた限りでは以下の通りです。(Flightradar24調べ)

関西空港からの出発便

10時30分以降、出発した便は以下の通りです。

10時32分日本トランスオーシャン航空83便石垣行
10時34分エールフランス291便パリ行
10時38分チェジュ航空1351便釜山行
10時48分ピーチ213便那覇行
10時52分ティーウェイ航空311便グアム行
10時57分ジンエアー212便ソウル(仁川)行
10時59分ピーチ105便新千歳行
11時03分チェジュ航空1381便ソウル(金浦)行
11時06分ピーチ35便高雄行
11時19分ティーウェイ航空282便ソウル(仁川)行

チェジュ航空ティーウェイ航空ジンエアーと、韓国のLCCによる便が目立ちます。午前中に関西空港に到着し、滑走路閉鎖前に何とか次の目的地へ向かおうとしたようです。また、関西空港を拠点とするピーチも、ギリギリまで出発させていました。

同時間帯には大韓航空アシアナ航空といった韓国のFSCも運航予定でしたが、こちらは早々と関西空港行きの便も含めて欠航していました。こういった所からも、各社の運航に対する姿勢の違いが見えてきますね。

関西空港への到着便

9時30分以降、到着した便は以下の通りです。

9時34分ティーウェイ航空311便大邱発
9時41分チェジュ航空1352便釜山発
9時41分ジンエアー211便ソウル(仁川)発
9時48分ティーウェイ航空281便ソウル(仁川)発
9時54分チェジュ航空1382便ソウル(金浦)発
10時00分ピーチ192便鹿児島発
10時21分ピーチ132便仙台発

ティーウェイ航空、チェジュ航空、ジンエアーと、こちらも韓国のLCCが並びます。これらの便で到着した機材が、先ほどのようにギリギリの時間帯に飛び立っていったということですね。

最後の2便は、関西空港を拠点とするピーチの国内線でした。同時間帯の国内線にはANAの那覇便、札幌便、スターフライヤーの羽田便が到着予定でしたが、いずれも欠航でした。

当日の関西空港のアクセスについて。最終列車は10時56分発

情報を集めたところ、当日の空港発のアクセスは下記のような状況でした。おそらく、空港へ向かうアクセスもほぼ同様だったと考えられます。
(独自調査によるものですので、誤りがある可能性があります)

この結果、10時56分の最終列車までに関西空港を離れられなかった人々は取り残されてしまいました。(公共交通機関を利用する場合)

まとめ

台風21号が関西空港を襲った9月4日、運航に対して大きな傾向の違いがFSCとLCCの間にはありました。

ギリギリでも飛んでくれた方が有り難い場合、それとは逆に、早めに欠航を決めてくれた方が有り難い場合と、やはりケースバイケースではありますが、航空会社毎の傾向を把握しておくことは重要でしょう。

また、関西空港のようにアクセス方法が限られる空港では、肝心の航空便の状況だけでなく、アクセスの状況についても注意しなければいけないという大きな教訓になりました。

悪天候が予想される場合の詳しい情報収集方法や、その場合の対処方法などについても、また記事を改めて書きたいと思います。

個人的には、関西空港は何度も利用し、大好きな空港です。早期に復旧して、また旅を楽しめる場所へとなって欲しいですね。

以上「台風21号の当日、関西空港のフライトとアクセスの状況は?」でした。


Google AdSense PC




Google AdSense PC




-Airline
-,

Copyright© Air Travel Journal , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.