札幌市内をぶらぶら徒歩で観光 ~北海道旅行記9~

投稿日:2019年1月26日 更新日:

11月に行ってきました北海道旅行、4日目の札幌市内を徒歩で観光した様子をレポートします。

北海道旅行記の前回は、こちらをご覧ください。

コースなど詳細については、こちらをご覧ください。

すすきのからスタート

札幌ではANAホリデイ・イン札幌すすきのに滞在していました。有名なすすきの交差点まで徒歩2分と至近です。午前中はホテルの自室で作業をしていたため、お昼からの観光スタートです。

札幌には何度も訪れていて主な観光名所などは既に巡っている為、市内をぶらぶらして気になったところに立ち寄っていくことにしました。

すすきのを発着する札幌市電です。今回はこちらには乗らずに、札幌駅方面を目指して徒歩で北へ向かいます。

大通公園と、その中に建つさっぽろテレビ塔です。ここの展望台からの景色もなかなかのものですが、以前に登ったことがあるので、今回はパスしました。

リニューアルした札幌市時計台へ

大通公園から徒歩で数分の札幌市時計台へ。ちょうど11月に外壁塗装工事が終わりリニューアルオープンしたところでした。12月31日まで入館料が無料でしたので、初めて館内へ入ってみました。普段は大人200円です。

展示物の写真掲載はしませんが、1階は札幌農学校と札幌の開拓の歴史がよく分かる展示でした。今はとても発展している札幌ですが、本格的な開拓が始まってから150年ほどしか経っていないのは驚きですね。

2階は演舞場として使われていたホールと、塔時計についての展示があります。今でもこのホールはイベントなどで使われているそうです。ゆっくりと雰囲気に浸りながら一休みして、また観光を再開しました。

続いて北海道庁旧本庁舎、通称赤レンガ庁舎へ。中には北海道立文書館があり、開拓期の史料が多く展示されています。こちらも札幌だけでなく、北海道全体の開拓の歴史を知ることができました。

高さ160mのJRタワー展望室へ

さらにもう少し北へ歩いて、ついに札幌駅に着きました。今回はJRタワー展望室へ登ってみることにしました。

札幌駅ビルの6階が入場受付になっています。料金は大人720円。HISなどのクーポン提示で100円割引になります。

この日は晴天で、遠くまでよく見えました。札幌駅から南側のすすきの方面を撮影してみました。時計台どころか、テレビ塔さえもビルに隠れて見えないのですね。

その後はJRタワー内のビックカメラで少し買い物をしたり、喫茶店で少し休憩してから、札幌駅北口方面へ向かいました。

北海道大学構内を散策

札幌駅北口から徒歩7分。北海道大学札幌キャンパスへやってきました。公園のような雰囲気の中に建物が並んでいます。

北海道大学の歴史を語る上で欠かせないクラーク博士、羊ヶ丘展望台の像が有名ですが、キャンパス内にも胸像があります。

この歴史を感じる建物は昭和4年に完成した旧理学部本館で、現在は北海道大学総合博物館となっています。興味はあったのですが、足が疲れてきていたので今回はパスすることにしました。

これでこの日の観光はおしまいにしました。すすきのから北海道大学まで直線距離で約2.5kmほど。意外と札幌の中心市街はコンパクトに収まっています。

この後は最寄りの北12条駅からすすきの駅まで、地下鉄南北線で一気にホテルへ戻りました。

11年ぶりの札幌ラーメンひぐま

ホテルで一休みしてから、さっぽろラーメン横丁へ向かいました。滞在していたANAホリデイ・イン札幌すすきののすぐ裏手、徒歩1分も掛かりません。

以前に訪れた時のことを思い出して、ひぐま横丁本店に入りました。調べてみると前回訪れたのは2008年11月。実に11年ぶりでした。

頼んだのは定番とも言える味噌バターコーンラーメン。お値段は950円でした。コクのあるスープ、美味しかったです。

まとめ

札幌市内をぶらぶらと観光した様子をお届けしました。札幌は何度訪れても楽しめる街ですね。また遠くないうちに再訪したいと思います。

次回は北海道旅行最終日、新千歳空港から羽田への便の搭乗記をお届けする予定です。

以上、「札幌市内をぶらぶら徒歩で観光 ~北海道旅行記9~」でした。

続きはこちらをどうぞ。(2/2投稿)

Google AdSense PC




Google AdSense PC




-Travel

Copyright© Air Travel Journal , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.